日本生命、「母の日」に関するアンケート調査の結果を発表

約4人に3人が「母の日にプレゼントを贈る」

日本生命保険相互会社(以下、日本生命)は2021年5月6日、「母の日」に関するアンケート調査の結果を発表した。
これは日本生命が、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューの一つとして、ホームページ内の「ご契約者さま専用サービス」にて実施したもの。2021年3月1日から同31日にかけて実施し、男性9253人、女性9198人、計1万8451人から得られた有効回答を集計したもの。
これによると、「今年は『母の日』にプレゼントを贈る」と回答したのは、全体の4分3近い74.2パーセントだった。これを昨年の調査結果と比較すると、2020年は74.6パーセントが「贈る」と回答しており、0.4ポイントとわずかに割合が減少している。

「母親になってほしい著名人」1位、5連覇!

次に、プレゼントを贈る人に「何をする予定か」、プレゼントを贈られる人に「何をしてほしいか」を質問したところ、どちらの質問でも1位は「生花・カーネーションを贈る」、2位は「食事をごちそうする/してもらう」となっていた。
贈る人と贈られる人で差が見られたのは、「手紙・メール・絵をもらう」という回答で、贈る人側では7位だったが、贈られる人側では3位に入っている。
さらに、「母親になってほしい著名人」を聞いたところ、全年代で吉永小百合さんが1位に輝いた。吉永小百合さんは、これで5年連続で「母親になってほしい著名人」1位となった。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
日本生命保険相互会社のプレスリリース
https://www.nissay.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)