タケショウ、「傷害保険付き新型コロナウイルス抗体・抗原検査キット」発売

業界初、検査キットに保険を付帯

タケショウ株式会社(以下、タケショウ)は2021年5月17日、三井住友海上火災保険株式会社(以下、三井住友海上)を引受保険会社とする「新型コロナウイルス抗体・抗原検査キット」を発売することを発表した。
これは、万が一特定感染症に感染した場合やけがなどでも利用可能な傷害保険が付帯された検査キット。検査キットに付帯する保険としては業界初の取り組みとなる。

特定感染症のほか、けがなどでも補償

今回タケショウが発売するのは、新型コロナウイルスなどの特定感染症を発病した場合の補償が付いている検査キットであり、同製品を購入した人に対して無料で保険が付帯される。さらに、特定感染症以外でも、日常生活のけがなど偶然の事故により傷害を被った場合でも補償が受けられる。
「新型コロナウイルス 抗体検査」および「新型コロナウイルス 抗原検査キット」はどちらも1回用であり、最短10分で検出が可能なもの。
付帯されている保険は、三井住友海上を引受保険会社とする団体総合生活補償保険で、製品のパッケージに印刷されているURLやQRコードから保険エントリーページへ行き、必要事項を記入。エントリーが完了した日から1カ月が補償期間となる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
タケショウ株式会社のプレスリリース(アットプレス)
https://www.atpress.ne.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)