あいおいニッセイ同和損保、テレマティクス自動車保険の顧客満足度が99.3%に!

テレマティクス技術で事故発生頻度が14%低減

あいおいニッセイ同和損保は5月21日、テレマティクス自動車保険の顧客満足度が99.3%になったと発表した。
同社はテレマティクス自動車保険のパイオニアとして、これまで3つのテレマティクス自動車保険を発売している。
テレマティクス自動車保険には、安全運転挙動による保険料の割引などの安全運転につながる仕組みがあり、同社のテレマティクス自動車保険契約では事故発生頻度が14%低減したという。

更改契約では満足度がさらにアップ

同社が2020年に行ったアンケートによると、テレマティクス自動車保険では、「満足」「どちらかといえば満足」を合わせた満足度は、過去最高の99.3%となった。
また、2020年に発売した「タフ・見守るクルマの保険プラス」の更改契約では、満足度99.4%となり、更改契約時に保険料割引が適用されたなかった顧客についても満足度98.9%となった。これにより契約更改率は最高水準の98.1%となっている。
テレマティクス自動車保険では、同社の他の自動車保険よりも事故解決日数が19.6日短縮されている。このため同社では、事故対応も「満足」評価につながったとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損保 ニュースリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/news_2021052000855.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)