日本生命、企業年金の新商品「グローバルバランス口」発売へ

企業年金運用における収益確保と運用の安定化へ

日本生命保険相互会社(以下、日本生命)は2021年5月25日、企業年金の新商品としてニッセイ特別勘定第1特約「グローバルバランス口」を開発、2022年2月に発売することを発表した。
「グローバルバランス口」はマルチアセット運用の商品で、長期の良好な運用実績を持つファンドをもとに、目標リターンおよびリスク水準を国内の企業年金向けにカスタマイズした。
内外株式や国債などの伝統的資産にこだわらず、社債や金などを含めた、さまざまな資産への投資を通じてリスクを抑える分散効果を発揮する。

きめ細かなリスク管理と適切な資産配分で収益を獲得

今回開発されたニッセイ特別勘定第1特約「グローバルバランス口」では、世界有数の運用会社の潤沢なリソースを活用し、運用チームによる定性判断を重視した運用を行い、適切な資産配分を通じて収益を獲得する。
さらに、ファンド専属のリスク管理チームが日々モニタリングを行い、きめ細かなリスク管理を実施しながら運用していく。
(画像はイメージです)


▼外部リンク
日本生命保険相互会社のプレスリリース
https://www.nissay.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)