東京海上日動あんしん生命、新商品「あんしんねんきん介護」を発売 

掛け捨てやRタイプなど豊富なラインアップ

東京海上日動あんしん生命は5月27日、継続的な介護費用に対して年金が支払われる新・介護年金保険「あんしんねんきん介護」を複数タイプ発売すると発表した。発売は8月23日を予定している。
今回の「あんしんねんきん介護」は、3つの簡単な告知だけで加入することができ、脳の健康度チェックや脳機能を維持向上するためのサービスも付帯されている。
また、要介護2以上等になったときには、介護年金が支払われ、将来の保険料の払い込みは不要となる。
同商品では、掛け捨てタイプや、業界初の「使わなかった保険料が戻ってくる」Rタイプ、介護にならなかったときに祝い金を受け取れるもの、貯蓄性があるものなども揃えているという。

業界初!「使わなかった保険料が戻ってくる」Rタイプ

同保険のRタイプでは、70・75・80歳の時点で払い込まれた保険料のうち、使わなかった保険料相当額が健康還付金として支払われる。
介護年金を受け取らなかった場合は、健康還付給付金として全額が戻り、介護年金を受け取った場合は、差額が健康還付給付金として戻ってくる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
東京海上日動あんしん生命 ニュースリリース
https://www2.tmn-anshin.co.jp/20210521news1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動あんしん生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)