太陽生命、ガン・重大疾病予防保険を発売開始

予防に力を入れる
太陽生命保険株式会社は5月28日、新たにガン・重大疾病予防保険を発売開始することを発表した。
同社では2016年6月より「太陽の元気プロジェクト」を推進してきた。これは従業員や顧客、社会などすべてを元気にしていく取り組みの総称で、この中で同社はさまざまな「予防」への取り組みを進めてきた。
2021年6月1日より新たに販売開始するガン・重大疾病予防保険は、同社の保険で病気を予防する「予防保険シリーズ」の第2弾。
加入者は契約してから1年後より、2年ごとに予防給付金を受け取ることができ、これをガンや重大疾病の「早期予防」や「早期発見」につなげてもらうことで顧客の元気や長生きをサポートする商品である。
人生100歳時代を元気に
太陽生命保険株式会社の新商品、ガン・重大疾病予防保険でもらえる予防給付金は、疾病予防サービスに利用することもできる。
疾病予防サービスには、味の素株式会社が開発したアミノインデックスリスクスクリーニングなどがあり、これは医療機関で約5ミリリットル採血し、その血液をもとに「現在、ガンである可能性」と「将来、脳卒中・心筋梗塞、糖尿病になるリスク」を一度に評価できる検査である。
また、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中・糖尿病をはじめとした疾病による所定の状態に対しても保障を準備することができ、早期治療に役立てることができる。
同社は現在、疾病への「保障」だけでなく「予防」へとシフトした商品開発を進めている。
このように顧客の「予防」への取り組みをサポートすることで、人生100歳時代を誰もが元気に長生きできるよう、今後も最優の商品やサービスの提供を目指していきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
太陽生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.taiyo-seimei.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:太陽生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)