アニコム損保、「梅雨時の愛犬との過ごし方」アンケート結果発表

6割以上が「雨の日は散歩に行かない」

アニコム損害保険株式会社(以下、アニコム損保)は2021年6月3日、「梅雨時の愛犬の過ごし方」アンケート結果を発表した。
アニコム損保は2021年5月12日から同18日にかけて、メールマガジンおよびLINEメッセージからWEBアンケートを実施し、4352件の有効回答を集計した。
これによると、6割以上の人が「雨の日は散歩に行かない」ことが分かった。

約半数が「梅雨時、愛犬がストレスを感じている」

「梅雨時、愛犬がストレスを感じていると思うか」との質問に対して、約半数の51.5パーセントが「はい」と回答した。
また「ストレス解消法」を聞いたところ、最も多かったのは「いつもよりスキンシップを増やす」(33.2パーセント)で、次いで「いつもよりおもちゃなどでたくさん遊ぶ」(27.9パーセント)、「雨が降る前の日はいつもより長めに散歩する」(24.6パーセント)が上位に入った。
さらに「梅雨時に愛犬と楽しく過ごすためにしている工夫」では、家の中での過ごし方として「ボール遊び」、「ひっぱりっこ」、「知育トイを活用する」、「時間をかけてマッサージしてあげる」などが、外出の仕方では「ドライブする」、「屋内ドッグランに行く」などが挙がった。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アニコム損害保険株式会社のプレスリリース
https://www.anicom-sompo.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アニコム損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)