三井住友海上、警察庁オープンデータを見える化した交通事故マップを公開

ビッグデータを見える化

三井住友海上は6月7日、警察庁が公表する「交通事故統計情報のオープンデータ」を見える化した「交通事故マップ」を同社ホームページ上に公開した。
警視庁の「交通事故統計情報のオープンデータ」は、約40万行のビッグデータであるため、そのままでは取り扱いが難しいが、同社はこれをBIツールのTableauによって見える化した。これにより、どの地域でどんな交通事故が発生しているのかを、視覚的に把握することが可能となった。
同社では、このマップを、学校の通学路の見直しや、自治体イベントにおける安全な誘導ルートの策定、運送業のドライバーに対する注意喚起などに活用できるとしている。

「交通事故オープンデータマップ」の概要

交通事故オープンデータマップでは、交通事故件数や死者数、負傷者数を対象地域毎に表示し、地図上に事故発生地点や発生密度マップも表示する。
天候や昼夜の区別も選択可能で、事故当時の状況による件数を絞り込むこともできる。また、地図上の発生場所を選択することで、事故状況の詳細も確認することができる。
さらに、事故件数、負傷・死者数を対象地域や範囲毎にグラフで表示することもでき、季節や曜日、当事者の年齢などで集計することも可能だ。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
三井住友海上 ニュースリリース
https://www.ms-ins.com/news/fy2021/pdf/0607_1.pdf
三井住友海上 交通事故オープンデータマップ
https://pro.ms-ins.com/ristech/map.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)