あいおいニッセイ同和損保、「離島エリアでのドローン物流定期航路」運用を支援

かもめやとスポンサーシップ契約を締結

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下、あいおいニッセイ同和損保)は2021年6月9日、世界初の「離島エリアでのドローン物流定期航路」運用を支援するために、株式会社かもめや(以下、かもめや)とスポンサーシップ契約を締結したことを発表した。
あいおいニッセイ同和損保とかもめやは、自動飛行ドローン配送のモデル構築・サービス提供と連携した保険商品の提供を行うことで、安心して島に住み続けるための支援体制の構築を目指し、ドローン物流実装に向けた取り組みを強化してきた。

海を越えるドローンの定期航路

かもめやは、ドローン物流事業を手掛ける香川県のベンチャー企業で、2021年8月に香川県三豊市本土と粟島を結ぶ、往復約8キロメートルのドローン物流航路の開設を予定している。
ドローン物流定期航路の運用が開始されると、ドローンが瀬戸内海を超えて、離島の住民に食料や日用品等の荷物を届けることになり、世界初の海を越えるドローンの長期定期航路になる。
(画像はイメージです)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社のプレスリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)