楽天損保、「ゴルフアシスト」の契約件数が10万件を突破

2年3ヶ月で突破
楽天損害保険株式会社は6月11日、同社が販売しているゴルファー向け傷害総合保険「ゴルフアシスト」の契約件数が10万件を突破したことを発表した。
「ゴルフアシスト」は、万が一のケガやトラブルに備えたゴルファー向けの保険商品として、2019年3月に販売を開始した。
インターネットでの販売を通じて順調に契約件数を増やしており、販売開始から2年3ヶ月後の2021年5月に契約件数10万件を突破した。
年間保険料は3,180円からと手頃な値段設定となっており、海外でのプレーや練習中でも補償してくれること、また保険料は楽天ポイントでも支払い可能であることなどが魅力の商品である。
さまざまな事例が対象
楽天損害保険株式会社の「ゴルフアシスト」は、ゴルフのプレー中にさまざまなトラブルに見舞われるリスクに備えた保険商品である。
具体例としては、ゴルフボールを当てて人にケガをさせた場合や物を壊してしまった場合、自分がケガをしてしまった場合、ゴルフクラブなどのゴルフ用品の盗難といった思わぬトラブルやリスクに備えることができる。
また、ホールインワンやアルバトロスを達成した際のお祝い金といった出費も対象となる。
加入後は保険料の1パーセントが楽天ポイントとして還元付与されるなど、楽天グループとしての特典をうけられるのも特徴的である。
同社はさらなるサービスの向上につとめることで顧客が安心して日々の暮らしを送ることができるよう、今後もつとめていきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
楽天損害保険株式会社ニュースリリース
https://www.rakuten-sonpo.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)