火災保険申請・地震保険申請サポートのミエルモ、相談内容のランキングを発表

「問い合わせ内容」最も多かったのは「雨漏り」

株式会社ミエルモ(以下、ミエルモ)は2021年6月17日、火災保険申請、地震保険申請サポートの相談内容ランキングを発表した。
これは、火災保険申請・地震保険の申請サポートサービスを提供するミエルモが、2021年1月から同5月31日までに受けた問い合わせ3872件の相談内容や被害個所、災害ごとの問い合わせを集計したもの。
これによると、「問い合わせ内容」で最も多かったのは「雨漏り」(35.8パーセント)だったが、2番目に多かったのは「分からないので見に来てほしい」(28.4パーセント)だったことが分かった。3位以降には「ひび割れ」、「ズレ」、「落下」などが続いている。

「問い合わせ災害ランキング」、1位は「屋根」

また「問い合わせ被害個所ランキング」で最も多かったのは「台風」で半数弱の45.1パーセント、次に多かったのは「地震」(36.2パーセント)だった。
さらに、「問い合わせ災害ランキング」で最も多かったのは「屋根」(28.9パーセント)で、僅差で2位になったのは「外壁」(28.4パーセント)だった。
(画像はイメージです)


▼外部リンク
株式会社ミエルモのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)