イーデザイン損保、自動車保険の不正請求を早期検知するAIの運用を開始

高速度・高精度なスクリーニングを可能に

イーデザイン損害保険株式会社(以下、イーデザイン損保)は2021年6月23日、株式会社PKSHA Technologyと連携し開発した、不正な保険金請求を早期に検知するAI(人工知能)の運用を開始したことを発表した。
これは、契約内容や自己申告状況等に関する情報から、専用に開発されたAIが不正な保険金請求を早期に検知するというもの。
今回開発された専用のAIは、高次元の不正請求パターン認識により、保険金請求について自動的かつ高速度・高精度なスクリーニングを行えるようになっている。

「人」と「ソフトウエア」の協業

また不正検知根拠となるデータを可視化することで、不正が疑われる請求について、事故対応業務に携わる担当者、「人
」と不正を検知するAI、そして「ソフトウエア」が協業できる仕組みを構築した。
これによって担当者が蓄積してきた専門的ノウハウを生かしつつ、AIがその業務をサポートすることで、不正請求対策の高度化を実現するとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
イーデザイン損害保険株式会社のプレスリリース
https://www.edsp.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)