セゾン自動車火災、AIを活用した保険金不正請求検知ソリューションの運用を開始

増加する保険金不正請求を早期に検知・排除

セゾン自動車火災保険は6月23日、フランスのスタートアップ企業、シフトテクノロジー社が提供する保険金不正請求検知ソリューションの運用を開始した。
近年、交通事故関連の不正な保険金請求が増加し社会問題となっているが、保険会社では不正請求に関する知識の伝承と専門人材が不足している状況という。
そこで同社では、世界中の保険会社で導入されているシフトテクノロジー社の保険金不正請求検知ソリューションを導入することとした。

不正請求の可能性が高い事故データや組織的な不正請求を検知

同ソリューションは、AIとデータサイエンスのノウハウを組み合わせたもので、過去の膨大な保険金支払データをAIで分析することで、不正請求の可能性が高い事故データを検知することができる。
また、請求に関わった当事者らの関係性を図にして可視化することもでき、組織的な不正請求を効率的に検知することができる。
保険金の不正請求は今後さらなる複雑化・巧妙化が予想される。だが同ソリューションでは、継続的な不正請求手法の検出で検知プログラムを常に改良しているため、今後も対応できるとしている。
(画像は写真ACより)


▼外部リンク
セゾン自動車火災保険 ニュースリリース
https://news-ins-saison.dga.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:セゾン自動車火災保険
(記事提供:スーパー・アカデミー)