あいおいニッセイ同和損保、業界初の『法人他車運転「災害時限定」特約』を開発

「災害時応援協定」における車両借用時の事故を補償

あいおいニッセイ同和損保は6月28日、地方公共団体の自動車保険契約を対象に、業界初となる『法人他車運転「災害時限定」特約』を開発したと発表した。同特約は、7月以降の保険始期契約より提供するとしている。
今回の特約では、台風や大雨などの自然災害発生時に、地方公共団体が「災害時応援協定」に基づいて事業者から車両を借用し、その車両を運転中に発生した事故を補償する。補償を、自然災害発生時の車両借用時に特化することで、地方公共団体における保険料の負担低減が可能となる。

「災害時応援協定」締結の後押しに

自然災害が多発する日本では、地方公共団体と事業者との間で「災害時応援協定」を締結する動きが活発になっている。
同協定では自然災害発生時、事業者が協定に基づいて地方公共団体に電気自動車などを貸与するが、車両貸与中に発生した事故の補償が課題となっていた。
一方、同社は、全国の都道府県が契約者となっている自動車保険契約の8割以上を保有している。そこで同社は、今回の『法人他車運転「災害時限定」特約』を開発した。この特約が、「災害時応援協定」の締結の後押しにもなるとしている。
(画像はあいおいニッセイ同和損保ホームページより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損保ニュースリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/news_2021062500869.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)