第一生命、「デジホ」の新商品、「所得保障保険」販売開始

入院による所得減少をサポート

第一生命保険株式会社(以下、第一生命)は2021年7月7日、ミレニアル世代向けの商品ブランド「デジホ」にて、「所得保障保険」の販売を開始したことを発表した。
今回発売された「所得保障保険」は、「特定感染症保険」に続く「デジホ」の商品。「デジホ」は、ビジネスパートナーを通じたオーダーメード保険を具体化する商品として、第一生命のビジネスパートナーとなるサービス提供者が提供するWEBサイトやアプリなどを通じてのみ加入することができる。

生命保険業界初、第三者に保険料支払特約

「所得保障保険」は、デザイナーやフォトグラファー、スタイリストなど、フリーランスで活躍する人が自分らしく仕事を続けられるように、入院による所得減少をサポートするというもの。
病気やけがによる入院の日数が継続して7日、30日、60日に達した場合にそれぞれ給付金を支払うというもので、新型コロナウイルス感染症への感染によって入院が必要となった場合などの所得減少をしっかりサポートする。
18~39歳までの保険料は男女一律で500円と、手ごろに抑えられているほか、生命保険業界では初となる、第三者による保険料負担が可能となっている。
(画像はイメージです)


▼外部リンク
第一生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.dai-ichi-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)