太陽生命、北海道銀行にて「感染症プラス入院一時金保険」を販売開始

7月12日販売開始
太陽生命保険株式会社は7月9日、株式会社北海道銀行にて「感染症プラス入院一時金保険」を販売開始することを発表した。
「感染症プラス入院一時金保険」は新型コロナウイルス感染症を含む所定の感染症や、不慮の事故による怪我、またそれらに伴う入院を補償するインターネット完結型の保険商品。
株式会社北海道銀行では2021年7月12日より取り扱いを開始する予定であり、同日から株式会社北海道銀行のホームページを通じて商品の詳細が確認できるようになる。
「感染症プラス入院一時金保険」は2020年9月に発売された商品であり、新型コロナウイルス感染症を手厚く保障する点から若年層や責任世代を中心に人気が高い。販売件数は2021年4月に10万件を超えるなど注目度も高く、この商品を通じて初めて同社と契約を結ぶ顧客も多い人気商品である。
いざという時の備えに
太陽生命保険株式会社が取り扱っている「感染症プラス入院一時金」は、新型コロナウイルス感染症を含む所定の感染症等で入院した場合に最高で40万円を日帰り入院でも一時金として受け取ることができるという商品である。
また、先進医療保険を付加することで高額になりがちな先進医療への備えを行うこともできる。
同社はこのように社会環境の変化に合わせて顧客のニーズや時代を先取りすることで顧客に寄り添い、誰もが安心して元気に長生きできる社会の実現を今後も目指していきたいとのこと。
(画像は太陽生命保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
太陽生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.taiyo-seimei.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:太陽生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)