アイペット、保有契約件数が65万件を突破!

2015年から45万件以上増加!

アイペットは7月8日、同社の保有契約件数が7月5日時点で65万件を突破したと発表した。
同社は、ペットの病気やケガに対する飼い主の経済的負担を軽減しようと2004年にペット保険事業を開始し、ペットの診療費の補償に特化した保険サービスを提供している。
同社の保有契約件数は、2015年3月時点で約19.7万件。以降、2018年まで毎年5万件以上増加し、コロナ以前の2019年3月には42万件超となった。
さらに、2019年から2020年までは8万件以上増加し、2020年3月から現在までは11万件以上の伸びとなっている。

保険料をペットの高齢化に合わせて引き下げ

同社は2020年10月、「アイペットホールディングス株式会社」を設立。2021年3月にはペット健康相談やペット関連情報プラットフォーム運営などを行うペッツオーライ株式会社がグループ傘下に入った。
また2021年5月にはペットの高齢化によるニーズに応え、高齢層の保険料の引き下げや、一定の年齢で保険料に上限を設けるなど、継続しやすい保険料に改訂した。
今回の保有契約件数65万件突破は、ペット需要の伸長に加え、このようなことが功を奏したとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アイペット ニュースリリース
https://www.ipet-ins.com/info/28334/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アイペット
(記事提供:スーパー・アカデミー)