保険市場、2021年7月版の月間資料請求ランキングを発表

最多ランクインは今回も東京海上日動あんしん生命

アドバンスクリエイトは7月13日、同社が運営する国内最大級の保険選びサイト「保険市場」にて、2021年7月版の「月間資料請求ランキング」を発表した。7月版で最多ランクインした保険会社は6月版に続いて東京海上日動あんしん生命となった。
なお、7月版のランキングは、2021年6月1日~6月30日に「保険市場」を経由して資料請求された件数に基づいている。
保険市場の「資料請求ランキング」では、月間や年間、保険カテゴリ別、年代別など、さまざまな角度からランキングを発表している。同社では、保険を検討する際に活用してほしいとしている。

7月版の変化は少なめ

7月版は、「引受基準緩和型引受基準緩和型/限定告知型の医療保険」において、6月版まではランク外だった朝日生命がいきなり2位となった。
これ以外では、1位と2位が入れ替わったり、4位5位に変動があったりはしたものの、全体的にあまり大きな変化は見られなかった。
7月版からは、新たなジャンルとして「積立保険」と、少額短期保険の(引受基準緩和型/限定告知型保険)が追加された。
積立保険は、保険料を積み立て、満期保険金を一時金や年金で受け取ることができる貯蓄性のある保険だ。積立保険の資料請求トップは明治安田生命の「明治安田生命じぶんの積立」だった。
(画像はアドバンスクリエイト ホームページより)


▼外部リンク
アドバンスクリエイト プレスリリース
https://www.advancecreate.co.jp/20210713ranking.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)