三井住友海上、VRを活用した家屋損害調査研修を開始

バーチャル空間で疑似体験

三井住友海上火災保険株式会社(以下、三井住友海上)は2021年7月14日、株式会社Synamonと協業し、VR活用した家屋の損害調査研修を開始することを発表した。
これは、地震被害を受けた家屋をバーチャル空間に構築し、研究参加者がいつでもどこからでも、損害状態の確認や調査手法を疑似体験することができるというもの。
研修の参加は自宅でも職場でも可能で、VR端末を着用し、参加者がアバターとなってバーチャル空間において受講する。

いつでもどこからでも、アバターとして研修に参加

バーチャル空間には「屋根や外壁に損傷を受けた家屋」、「和室」、「洋室」が設置されており、アバターとなった参加者が建物の外観や室内の損傷確認や、カメラやメジャー等を用いた調査を疑似体験することができるようになっている。
この疑似体験を通じて、地震で被害を受けた家屋の調査ポイントはもちろん、建築構造等の基礎知識などについても同時に学習することができ、効率的で、かつ実地研修と同等以上の高い学習効果が期待されている。
さらに、時間や場所の制約なく研修を開催できることから、大規模災害が発生した場合など、必要とされる要員の確保や調査品質の向上が可能となる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
三井住友海上火災保険株式会社のプレスリリース
https://www.ms-ins.com/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)