損保ジャパン、東京都の公募にプロジェクトが採択

8社が参画
損害保険ジャパン株式会社は7月16日、東京都が公募したプロジェクトに応募し、2021年7月にこれが採択されたことを発表した。
プロジェクトは「令和3年度西新宿エリアにおける自動運転移動サービス実現に向けた5Gを活用したサービスモデルの構築に関するプロジェクト」である。
これは同社だけでなく大成建設株式会社、株式会社ティアフォー、KDDI 株式会社、アイサンテクノロジー株式会社、日本信号株式会社、大成ロテック株式会社、株式会社プライムアシスタンスの計8社が参画しているプロジェクトである。
現在、東京都では2025 年の無人自動運転による移動サービスの実現を掲げており、自動運転の実用化に向けた都の課題解決を目指している。このプロジェクトを通じて都では自動運転移動サービスの可能性を探り、西新宿や都内の他エリアへの早期実用化を促すことを目的としている。
秋から冬にかけて実験
損害保険ジャパン株式会社が参画しているプロジェクトでは、公道における自動運転車両の走行実証を行う予定である。
これは自動運転移動サービスを早期実装するための実験であり、2021年秋から冬にかけて2週間ほどの実施を予定している。
走行ルートは新宿駅西口を出て都庁を経たうえで西口へ戻る予定で、自動運転技術の高度化や社会実装につながる事業面の工夫をはかる。
また、このプロジェクトにおいて同社は自動運転リスクアセスメントや遠隔見守り、自動運転専用保険の提供を担当する。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン株式会社ニュースリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)