SOMPOひまわり生命、ジョブ型人事制度を導入

専門性の高い人材を
SOMPOひまわり生命保険株式会社は7月19日、ジョブ型人事制度を導入することを発表した。
これは、個別に定められた職務の概要にそって職務内容や基本報酬を決定する仕組みで、役職ではなく実際に行う業務の難易度や責任の大きさによって報酬を決定することとなる。
そのため、経験年数や勤続年次にとらわれない登用が出来ることはもちろん、専門能力の高い多様な人財が活躍できる環境を整えることが可能となる。
同社は高度な専門人財を社内外から確保していくことで、「世界で最進・最優の生命保険会社」への変革を進めていきたいとのこと。制度は2021年7月より導入する。
4つの区分
SOMPOひまわり生命保険株式会社が新たに導入したジョブ型人事制度は、人材が専門性レベルに応じて4つに区分される。
会社のコアを形成する区分であり、会社が定める高度専門領域において最高峰の専門知識や技能をもつ人はプリンシパルとなり、プリンシパルをトップに、シニア、チーフ、ディピュティーと続く。
また、それぞれのプロフェッショナリズムを高めるために異動配置は職務関連性の高い範囲に限定されるのが特徴的である。
同社はこのように今後も高度な専門性をもつ人財発掘の環境を整え、登用を拡大していくことを予定しており、健康応援企業の確立にむけて多様な人財が活躍できる環境を整備していきたいとのこと。
(画像はSOMPOひまわり生命保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
SOMPOひまわり生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.himawari-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SOMPOひまわり生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)