明治安田生命、包括連携協定を締結

高知県および福井県にて
明治安田生命保険相互会社は7月16日、高知県高知市および福井県坂井市と幅広い分野での包括連携協定を締結したことを発表した。
2020年4月より同社では「地元の元気プロジェクト」を展開しており、人や地域をつなげ経済を発展させるために同社のノウハウや知見を提供する取り組みをすすめている。
今回連携協定を結んだ2市とも同じように、同社のネットワークを使って広範な連携を行い、地域社会の発展に取り組んでいく。またそれだけではなく、地域課題の解決や活性化に向けても取り組んでいく予定である。
地域色が出る連携項目
明治安田生命保険相互会社が結んだ包括連携協定には、それぞれの市とともに取り組んでいく連携事項が盛り込まれている。
例えば福井県坂井市とは健康増進や地域産業の振興、女性活躍推進やSDGsの推進などの7項目が定められており、対して高知県高知市では地域の健康づくりや地域産業の振興など同じ項目だけでなくスポーツ振興に関してが盛り込まれるなど地域の課題に対応したそれぞれの地域の特色が出ている。
同社はこれまでも健康増進事業の推進や地域経済の活性化支援等を目的とした連携協定を地方自治体や金融機関等と結んできており、今後も営業網や全国規模のネットワークを用いてさまざまな事業推進や支援を行っていきたいとのこと。
(画像は明治安田生命保険相互会社ホームページより)


▼外部リンク
明治安田生命保険相互会社ニュースリリース
https://www.meijiyasuda.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)