ソニー生命、「中高生が思い描く将来についての意識調査」結果を発表

中高生が「いま、すぐに欲しいもの」とは?

ソニー生命保険株式会社(以下、ソニー生命)は2021年7月29日、「中高生が思い描く将来についての意識調査」の結果を発表した。
これは、ソニー生命が2021年6月9日から同17日にかけて、全国の中学生と高校生を対象として調査したもので、今回で3回目なる。インターネットリサーチとして実施し、中学生200人、高校生800人、計1000人から得られた有効サンプルを集計した。
これによると、中高生が「いま、すぐに欲しいもの」の1位は「お金」であることが分かった。2位以降では、中学生が「パソコン」、「洋服」、「推しのグッズ」、「パートナー・恋人」と続いているのに対し、高校生では「時間」、「学力・頭脳」、「パソコン」、「スマートフォン」と続いている。

中高生が「将来なりたい職業」ランキング

「将来なりたい職業」では、男子中学生の1位は「YouTuberなどの動画投稿者」が23.0パーセントで2位に6ポイントの差を付けて最も多く、2位以降には「プロeスポーツプレーヤー」(17.0パーセント)、「社長などの会社経営者・起業家」(15.0パーセント)と続いている。
対して女子中学生では、「歌手・俳優・声優などの芸能人」が17.0パーセントで最も多かったものの、2位には男子中学生で1位だった「YouTuberなどの動画投稿者」(16.0パーセント)、3位は「絵を描く職業」と「美容師」(14.0パーセント)と、僅差で続いている。
高校生の「将来なりたい職業」では、男子高校生の1位は男子中学生と同様「YouTuberなどの動画投稿者」(15.3パーセント)、2位には男子中学生で3位だった「社長などの会社経営者・起業家」(13.5パーセント)、3位には「ITエンジニア・プログラマー」(13.3パーセント)がランクインしている。
一方で女子高校生のランキングでは、1位に「公務員」と「看護師」が11.5パーセントの同率で並んでおり、3位には「教師・教員」と「歌手・俳優・声優などの芸能人」が(10.3パーセント)で同率ランクインした。
(画像はプレスリリースより)
(ソニー生命調べ)


▼外部リンク
ソニー生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.sonylife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ソニー生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)