住友生命、プロスポーツチームへの特別協賛実施

地域社会活性化を目指して
住友生命保険相互会社は8月20日、プロアイスホッケーチーム「横浜 GRITS」とプロロードレースチーム「VICTOIRE 広島」に特別協賛すると発表した。
これはスポーツを通じて、地域における健康増進活動や社会貢献活動を展開することを目的に行われるものである。
同社では現在、健康増進型保険「Vitality」の推進を通じて健康長寿社会に貢献するなど、事業活動を通じて持続可能な開発目標「SDGs」の達成に向けた取り組みを進めている。
今回の特別協賛もその一環で、スポーツの楽しさや体験機会が提供できる協賛を通じ、同社ならではの価値を発信。「健康、安心、親しみ」のブランドイメージを広く社会で確立していきたいとのこと。
ファンと一緒に
住友生命保険相互会社が特別協賛を行う横浜 GRITSは、2019年に創設された首都圏初のプロアイスホッケーチームである。
特別協賛を通じて同社は、横浜 GRITS主催の試合への協賛や子ども向けのアイスホッケー教室の開催支援を行う。
横浜 GRITSの選手は、全員が企業で正社員として働きながらプロの選手として活動する「デュアルキャリア」を実施。そのノウハウをモデルにスポーツ人口の拡大とスポーツを継続できる環境整備のサポートも行っていく。
対してVICTOIRE 広島は、2015年に創設された中四国エリア初のプロロードレースチームである。
同社は、VICTOIRE 広島が出場する国内主要大会への協賛はもちろん、ファンとのロードバイクイベントや地域児童への自転車教室開催などといった地域社会の活性化支援を行っていく。
また、両チームのコミュニティへの健康増進ならびに社会貢献も提供していく予定である。
(画像は住友生命保険相互会社ホームページより)


▼外部リンク
住友生命保険相互会社ニュースリリース
https://www.sumitomolife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:住友生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)