日本損保協会、原爆犠牲者慰霊碑「友愛の碑」に献花・参拝

約50名が集まる
一般社団法人日本損害保険協会中国支部は8月20日、原爆犠牲者慰霊碑「友愛の碑」に献花・参拝を行ったと発表した。
2021年8月6日は原爆の投下から76年となる。
同日、広島市が主宰した平和祈念式典には菅義偉内閣総理大臣をはじめ被爆者や遺族など多くの人々が参列した。
それにあわせて「友愛の碑」には損保会社社員や代理店職員などの損保関係者約50名が集まり、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を行ったうえで献花・参拝を実施した。
また、原爆投下時刻である午前8時15分には平和の鐘にあわせて全員で黙とうを捧げ、原爆死没者に哀悼の意を表しつつ恒久平和の実現を祈った。
愛と良心が平和を支える
一般社団法人日本損害保険協会中国支部が参拝を行った「友愛の碑」は、広島の平和記念公園前の平和大通りに建立された記念碑である。
当時、原爆の犠牲となった損害保険会社職員はわかっているだけで89名もおり、原爆投下から20年が経過した1965年に彼らの慰霊と平和へのいしずえを祈念して建立された。
彫刻家の故・辻 晋堂の作であり、4個の十字形は人間の形を表している。
また、彫刻のうえのもう1つの十字形は死者、原爆犠牲者を表しており、平和をのぞみ求める全世界の人々の愛と良心が、原爆犠牲者の冥福を祈っているのだという願いが込められている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
一般社団法人日本損害保険協会ニュースリリース
https://www.sonpo.or.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)