損保ジャパン、自動走行ロボットによる配送サービスの実証実験実施

5Gを活用
損害保険ジャパン株式会社は8月20日、2022年1月頃を目処に自動走行ロボットによる配送サービスの実証実験を実施すると発表した。
これは同社が株式会社ティアフォー、KDDI株式会社、小田急電鉄株式会社の3社と共同で取り組んでいる「5G×自動配送サービスプラットフォーム事業」が東京都の「令和3年度西新宿エリアにおける5Gを含む先端技術を活用したスマートシティサービス実証事業」に採択されたことをうけて行うもの。
自動走行ロボットによる新たな配送サービス事業の早期実用化を目指し、技術や運用、事業といった面からみた課題の可視化を目的としている。
また同社では共同で課題検討などをしていく事業者も募集している。
西新宿から東京全域へ
実証実験を行う西新宿エリアは、デジタルの力で東京のポテンシャルを引き出し、都民が質の高い生活を送れる「スマート東京」の先行実施エリアである。
またそれに伴い、5Gの重点整備エリアの一つにも設定されている。
そのため、損害保険ジャパン株式会社が実施する実証実験では、東京都内において5Gを活用したサービスを行うことを視野に入れたうえでの事業化促進を目的としている。
具体的な実験内容としては、西新宿エリア内に複数設置された「ミーティングポイント」までものやサービスを自動走行ロボットが配送するだけだが、それぞれのロボットにはさまざまなサービスシナリオに沿ったユースケースが用意されており、細やかな問題の洗い出しと対応方針の策定が行われる。
その際、同社は自動運転リスクアセスメントやロボットの遠隔見守り、ものやサービスに対する保険提供を予定している。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン株式会社ニュースリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)