東京海上日動、大阪での「空飛ぶクルマによるエアタクシー事業性調査」を実施

2025年のエアタクシーサービス実現に向け

東京海上日動は8月27日、2025年開催の大阪万博における大阪ベイエリアのエアタクシーサービス実現に向け、「空飛ぶクルマによるエアタクシー事業性調査」を実施すると発表した。調査により、地域住民の理解と社会受容性を高める。
同事業は、同社を含め、ドローンの手配やオペレーションを行うSkyDrive、大林組、関西電力、近鉄グループホールディングスの5社共同で実施する。
同社は、大阪エリアにおける社会受容性調査の全体設計や取りまとめ、空飛ぶクルマ保険の設計・開発に向けた検討を行う。

事業性調査概要

同事業では令和3年秋、大阪ベイエリアにてマーケティング調査を実施。調査では、ポート候補地に地域住民を招待し、アンケートやインタビューを行う。
また、生活者モニターによるドローンでの海上飛行実演や、空飛ぶクルマのフルスケール展示機と周辺技術・サービスの展示、説明を行う。
これにより、空飛ぶクルマの認知度と社会受容度を確認し、事業の将来的な可能性についても検証する。
(画像は東京海上日動ホームページより)


▼外部リンク
東京海上日動 ニュースリリース
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/210827_01.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)