太陽生命、「子宮頸がんHPV検査パピックス」を導入

新たな疾病予防サービス

太陽生命保険株式会社(以下、太陽生命)は2021年9月1日より、新たな疾病予防サービスとして「子宮頸がんHPV検査パピックス」の案内を開始した。
太陽生命は、重大な疾病の早期発見・早期改善を目的として、2018年10月より株式会社MCBIが提供する「MCIスクリーニング検査」を、2021年3月からは味の素株式会社が開発した「アミノインデックスリスクスクリーニング(AIRS)」の案内を開始している。

自宅で簡単に調べることができる

今回導入されるのは、株式会社ジェネティックラボ(以下、ジェネティックラボ)が提供する試験で、子宮頸がんの原因とされる高リスク型HPV(ヒトパピローマウイルス)への感染の有無を調べることができる検査。特にリスクの高い「16型」、「18型」、「その他高リスク型12種」を個別に検出することができる。
さらに、この検査は自宅で行う事ができることが大きな特長であり、自宅で簡単に調べることができ、それによって子宮頸がんの早期発見の可能性を広げることができるとのこと。
また、太陽生命と太陽生命少子高齢社会研究所、およびジェネティックラボの3社は、同検査の受信結果を活用して、「子宮頸がんHPV検査パピックス」が子宮頸がん検診の受診率や、子宮頸がんの検出率の向上に寄与するかを明らかにする共同研究を実施するとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
太陽生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.taiyo-seimei.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:太陽生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)