第一生命ら、サステナビリティ・リンク・ボンドへ投資を決定

持続可能な経済活動
第一生命保険株式会社は9月17日、GLP投資法人が発行するサステナビリティ・リンク・ボンドへの投資を決定したと発表した。
これは同社と第一フロンティア生命保険株式会社、ネオファースト生命保険株式会社が協働で行うもので、投資金額は発行額全額である60億円。同社が50億円負担し、第一フロンティア生命保険株式会社、ネオファースト生命保険株式会社がそれぞれ5億円ずつ負担する。
サステナビリティ・リンク・ボンドは特定の資金使途に限らず設定された時間軸のなかで将来のサステナビリティに関する成果の改善に寄与する商品である。
また、成果目標の達成状況によって金利が変動するため、少しずつ段階を経て変化していく発行体の取り組みを柔軟に後押しし、環境や社会面において持続可能な経済活動を促進・支援していくことができる。
環境のために
第一生命保険株式会社が投資したサステナビリティ・リンク・ボンドは、物流施設に特化した上場不動産投資法人であるGLP投資法人が発行したものである。
GLP投資法人は環境に配慮した物件の保有や設備の導入を積極的に行っており、2024年を目処に保有する物件における高ランクの環境認証取得割合を延べ床面積ベースで80パーセント以上にすることを目標に掲げている。
同社は環境や社会に配慮した物流施設の拡大を通じて持続可能なまちづくりおよび持続可能な社会の実現に向けた取り組みの後押しとなることを期待しており、今後も責任ある機関投資家として持続可能な社会の形成に寄与すべく、ESG投資に積極的に取り組んでいきたいとのこと。
(画像は第一生命保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
第一生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.dai-ichi-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)