SBI生命、10月1日から生命保険料控除証明書の再発行を完全自動化

業務の大幅効率化、顧客の利便性向上へ

SBI生命は9月16日、AI電話自動応答システムの導入、及びRPA(ロボティックプロセスオートメーション)との連携により、生命保険料控除証明書の再発行を完全自動化したと発表した。これにより業務の大幅効率化を実現し、顧客の利便性向上も図る。
同完全自動化サービスは、生命保険料控除証明書の再発行依頼が多い10月~翌年3月にかけて提供される予定で、今年は10月1日から提供開始される。
AI電話自動応答システム導入とRPA活用で完全自動化
同社はAI電話自動応答システムを導入し、生命保険料控除証明書の再発行を24時間365日、自動音声にて受付ることができるようにした。
AI電話自動応答システムは、顧客サポート改善ソリューションの開発・提供を行うモビルス社の「MOBI VOICE(モビボイス)」を導入した。
また受付後はRPAを活用することで、受付データの読み込みや生命保険料控除証明書の印刷などを完全自動化した。
同社では今後もDX推進により、顧客の利便性向上に向けた改善・拡充を行うとしている。
(画像はSBI生命ホームページより)


▼外部リンク
SBI生命ニュースリリース
https://www.sbilife.co.jp/corporate/NR20210916.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBI生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)