メディカル少額短期保険、年間保険料1,030円の「メディカル感染症ほけん」を発売

医療・福祉関連従事者向けの保険

メディカル少額短期保険は9月27日、事務職を含む医療・福祉関連従事者向けに年間保険料が1,030円の「メディカル感染症ほけん」を発売した。医療・福祉業界からの要求を受け、感染症保険単体でも契約できるようにしたという。
同保険では、対象となる1~5類の感染症やインフルエンザなど計118種類の感染症に罹患して死亡した場合に死亡保険金100万円が支払われる。
また、入通院や自宅待機の場合は見舞金1万~10万円が日数に応じて支払われる。勤務中・プライベートを問わず補償され、申込から決済までインターネットで手続きできる。
年間1,030円という安価な保険料は、感染予防のレベルが高い医療・福祉関連従事者のみを対象とすることで実現することができたという。

新型コロナが日本に入る前から感染症保険を販売

同社では、新型コロナウイルス感染症が日本に入ってくる前から、医療・福祉の専門職や業務補助職の人、医療系職能団体会員などを対象とする感染症保険を、業務中の賠償責任保険とセットで販売していた。
一般的な感染症罹患を補償する保険は、かなり重篤な症状である1~3類の感染症が補償対象となっている。だが、同社の感染症保険はインフルエンザ、ノロウイルスなどの身近な感染症から、指定感染症、新型インフルエンザ感染症など計118種類の感染症を補償する。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
メディカル少額短期保険プレスリリース
https://kyodonewsprwire.jp/release/202109160137
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)