レスキュー損保、画面割れ保険付きのサービス新発売

3社の協業にて
レスキュー損害保険株式会社は9月24日、新型iPhoneの全4機種に対応した画面割れ保険付きのサービスを新発売すると発表した。
これは同社と日本PCサービス株式会社およびエレコム株式会社の3社が協業して行うもので、液晶保護ガラスフィルムに万が一の液晶画面割れ時に修理費用を補償する保険付きサービスを付帯した商品。発売は発表と同日の2021年9月24日、全国の家電量販店などで取り扱う。
サービスによる補償期間は12ヶ月となり、画面割れに関して最大で1回10,000円を補償する。
高額な修理費に対応
iPhoneは高機能と高性能を兼ね備え、日本でもシェアが上位の人気端末である。
新機種の発売ごとに新たな機能も追加され、それに伴い端末価格も高額になっており、そのため修理の際にも高額になってしまいがちである。
このようなことを背景に、レスキュー損害保険株式会社はエレコム株式会社の商品を購入した顧客へのアフターサポートとして、万が一の液晶画面割れの際に修理費用を補償するサービスの提供を決定した。
液晶画面割れは不慮の事故で起こりやすいトラブルであることからも、サービスを通じて破損時の出費による負担を軽減する効果が期待されている。
商品購入者は商品購入後に保険を適用する新型iPhoneの機器情報を専用WEBサイトで登録することで申し込みが完了し、液晶画面割れが発生したら必要情報を専用WEBサイトや保険サポートセンターの案内に従って提出することで保険金の請求を行う。
その後、問題なく保険の適用が認められれば保険金が支払われる仕組みである。
同社は日本PCサービス株式会社とともに円滑に保険金を支払う体制を構築しており、今後も購入者に確かな「安心」を提供していきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
レスキュー損害保険株式会社ニュースリリース
https://www.rescue-sonpo.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)