ジェイアイ傷害火災、火災保険の契約が即時Web完結となる新機能を導入

確認資料の提出や有人審査が不要に

ジェイアイ傷害火災保険株式会社(以下、ジェイアイ傷害火災)は2021年9月29日、火災保険の契約が即時Web完結となる新機能をリリースした。
これは、インターネット専用補償選択型ダイレクト火災保険iehoの登記済み建物を補償対象とする契約について、APIで取得した登記情報をもとに自動審査を行うことで、顧客からの確認資料の提出や有人審査を不要にするシステム。

申し込み完了までの所要時間、2営業日から約15分へ短縮

ジェイアイ傷害火災は、ダイレクト火災保険iehoを、火災保険の申し込みをWeb完結で行える保険商品として2018年より販売している。しかし、確認資料をそろえてアップロードする手間がある上、入力する建物情報の記載を見つけることなどの難しさもあり、平均して30分程度の時間を要していた。
そこでジェイアイ傷害火災は、株式会社JONのAPIへ接続し、顧客が操作するサイトから登記情報をリアルタイムで取得、引き受け審査に必要となる建物情報を抽出して、入力情報との符号を自動審査する機能を新たにリリースした。
これにより、これまで行われた確認資料の提出や有人審査が不要となり、申し込み開始から契約成立まで一気通貫で即時にWeb完結することができるようになり、申し込み完了までの所要時間も2営業日から約15分へと大幅に短縮することができるとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
ジェイアイ傷害火災保険株式会社のプレスリリース
https://www.jihoken.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ジェイアイ傷害火災
(記事提供:スーパー・アカデミー)