朝日生命、新たな保険商品と新アプリ提供開始

投薬をサポート
朝日生命保険相互会社は10月1日、投薬治療をサポートする新たな保険「おくすりサポート」と健康増進アプリ「kencom×ほけん for おくすりサポート」を提供開始すると発表した。
「おくすりサポート」は株式会社ディー・エヌ・エーの子会社であるDeSCヘルスケア株式会社とともに提供するもので、DeSCヘルスケア株式会社が保持しているヘルスビッグデータを活用したうえで開発された。
同社は「おくすりサポート」を顧客の健康維持や増進に寄与する新たな商品として位置付け、投薬治療の段階から支払われる給付金を通じて継続治療をサポートし、生活習慣病の重症化予防に役立ててほしいとしている。
「おくすりサポート」および「kencom×ほけん for おくすりサポート」は2021年10月4日から提供を開始する。
楽しく健康に
朝日生命保険相互会社が提供開始する「kencom×ほけん for おくすりサポート」は、これまで同社が顧客に提供していた「kencom×ほけん」の機能にプラスして新たな限定機能が使えるアプリである。
限定機能には株式会社ディー・エヌ・エーがこれまでゲーム関連事業で培ったノウハウを活用。顧客が楽しみながら健康増進活動を継続していける工夫が盛り込まれており、アプリと保険を一体的に提供することで健康増進活動や早期治療・重症化予防をサポートしていく。
同社は、日々の健康管理や健康リスクの低減につながる新たな保険サービスの提供を通じ、今後も医療費問題などの社会課題解決に取り組んでいきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
朝日生命保険相互会社ニュースリリース
https://www.asahi-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:朝日生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)