日本損保協会、「デジタルの日」を記念して特別対談実施

2021年制定の記念日
一般社団法人日本損害保険協会は10月8日、「デジタルの日」を記念して特別対談を実施したと発表した。
「デジタルの日」とは2021年より定められた記念日。10月10日と11日を指し、2進法で使う「1」と「0」を組み合わせて制定された。
特に祝日などではないものの、デジタルについて振り返り、体験し、見直し、共有し合える機会として、同法人では「サイバーリスクと保険」をテーマに東京商工会議所副会頭であり、中小企業のデジタルシフト推進委員会委員長を兼任する金子眞吾氏と話し合った。
サイバー保険の重要性
一般社団法人日本損害保険協会は金子眞吾氏とともに進むデジタル化に伴うサイバーリスクの脅威や、企業における対策の必要性について話し合った。
同法人では、2021年9月に「中小企業のリスク意識・対策実態調査2021」を公表しており、これによると中小企業のサイバー保険の加入率は1割に満たない結果となっている。
しかし、サイバーリスクの脅威は年々高まりをみせており、その被害件数は急速な伸びをみせているのが現状である。
また、近年はオフィス外におけるセキュリティ対策の脆弱性を突きテレワークやWEB会議を狙ったサイバー攻撃も増えている。
同法人では損保業界として今後も関係団体と連携し、特に中小企業に対するサイバーリスクへの啓発およびサイバー保険の普及活動を推進していきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
一般社団法人日本損害保険協会ニュースリリース
https://www.sonpo.or.jp/news/notice/2021/2110_03.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)