日本損保協会、自動車盗難ワースト地域で盗難防止活動を推進

県警と連携して啓発
一般社団法人日本損害保険協会の関東支部は10月8日、支部内の自動車盗難ワースト地域において盗難防止活動を推進すると発表した。
これは盗難防止の日である10月7日を中心に行われるもので、茨城県・千葉県・埼玉県・神奈川県・栃木県・群馬県の県警と連携しつつ実施される。
2020年の自動車盗難認知件数は、茨城県が全国ワースト1位であり、続いて千葉県、埼玉県、神奈川県、栃木県とワースト10に5県が入っている。また群馬県もワースト11位と各地で盗難が多発している。
これをうけて各県ではさまざまな取り組みを強化し、自動車オーナーへの訴えかけを行っている。
県ごとのさまざまな取り組み
一般社団法人日本損害保険協会が実施している盗難防止活動は、各県それぞれ独自の試みを行っている。
ワースト1位だった茨城県においては、いばらき大使である磯山さやか氏を起用したYouTube動画の掲載やポスターの掲示を2021年4月から年度末まで実施。また茨城県警のホームページに啓発動画へのバナーリンク掲出など力を入れている。
また、各県では初めてデジタルサイネージを取り入れた取り組みを行っており、運転免許センターなどで流すことで視覚的な注意喚起を行っている。
このほかにもチラシやポスター、動画、ラジオ、SNSなどさまざまな手法を用いており、自動車盗難防止を訴求する取り組みを強化しているとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
一般社団法人日本損害保険協会プレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/279617
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)