ソニー生命、ライフプランナーによるソニー損保の火災保険取り扱いを開始

ライフプランナーによる総合的なコンサルティング

ソニー生命保険株式会社(以下、ソニー生命)は2021年10月15日より、同社ライフプランナー(営業社員)による、ソニー損害保険株式会社(以下、ソニー損保)の火災保険の取り扱いを開始した。
ソニー生命は顧客それぞれのライフプランに合わせ、オーダーメードの生命保険を提供しているほか、ソニー損保の自動車保険やソニー銀行株式会社の住宅ローンも取り扱っている。今回、これらに加えてソニー損保の火災保険の取り扱いを開始することで、ライフプランナーによる総合的なコンサルティングが可能となる。

顧客それぞれに合わせた火災保険を提案

ソニー損保の火災保険は、顧客のニーズに合わせた補償のカスタマイズが可能で、保険料を節約することができる上、火災や自然災害による損害に加えて盗難や日常生活における賠償事故も補償対象となっている。
さらに、住居や家財に損害が生じた場合の連絡は24時間365日、電話やインターネットで受け付けており、保険金支払いまでの担当者とのコミュニケーションは電話・メール・LINEなど、それぞれの希望に合わせて対応する。
今回開始されたソニー生命における取り扱いでは、ライフプランナーが顧客のライフプランに合わせて、ソニー損保の火災保険の提案などを行う。
(画像はイメージです)


▼外部リンク
ソニー生命保険株式会社、ソニー損害保険株式会社のプレスリリース
https://www.sonylife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ソニー生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)