SBI損保、「FIT2021」のセミナーに登壇

ニッキンが主催
SBI損害保険株式会社は10月15日、日本最大の金融ITフェア「FIT2021」のセミナーに登壇したと発表した。
FIT2021とは正式名称を金融国際情報技術展といい、日本金融通信社が主催する国内最大の「金融機関のためのITフェア」である。
今年は2021年10月14日および10月15日に開催され、同社は10月14日のセミナーに代表取締役社長の五十嵐正明と情報システム部部長の齋藤敏貴が登壇した。
DX時代に対応した変革
FIT2021のセミナーにおいて、SBI損害保険株式会社はシンプレクス株式会社とともにセミナーを行った。
「DX時代における基幹システム移行の勘所」をテーマに据え、同社が推し進めているDX戦略や、シンプレクス株式会社とともに取り組んだがん保険の基幹システム移行について説明。
また、社会を取り巻く状況やリスクが多様化・複雑化している点や、それらに応じて会社も迅速に変革を行っていく必要性があることなどを語った。
そのうえで、同社が拡張性・柔軟性の高いシステム基盤を構築し、全社的なデータ活用をはじめとするDXのさらなる推進を行っていきたいとする今後の意気込みもあわせて示した。
シンプレクス株式会社はビジネスとテクノロジーに精通しており、同社はともにDXを加速させていくことを通じ、顧客に「新しい時代に、新しい保険を」提供していきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
SBI損害保険株式会社ニュースリリース
https://www.sbisonpo.co.jp/company/news/2021/1015.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBI損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)