SBIいきいき少短、「貯蓄と保険」に関するアンケート調査の結果を発表

世帯の貯蓄額、最も多いのは「~100万円未満」

SBIいきいき少額短期保険株式会社(以下、SBIいきいき少額短期保険)は2021年10月14日、「貯蓄と保険」に関するアンケート調査の結果を発表した。
これは、10月17日の「貯蓄の日」似合わせて実施されたもの。2021年9月24日から同27日にかけて、全国の2人以上の世帯で世帯の家計や貯蓄を管理・掌握している20歳以上の男女を対象として、インターネットリサーチの形式で実施し、1112名から得られた有効回答を集計している。
これによると、世帯の貯蓄額で最も多かったのは「~100万円未満」(10.7%)だった。次に多かったのは「~200万円未満」(7.9%)、「~500万円未満」(7.2%)などとなっている一方で、「0円」という世帯も4.7%あった。

60歳未満世帯の8割前後が「将来の生活に不安」

「現在の貯蓄状況で、将来の生活に不安を感じるか?」という質問に対して、44.3%が「不安を感じる」、31.7%が「どちらかといえば不安を感じる」と回答しており、合わせて回答者全体の4分の3以上が不安を感じているということが分かった。
この結果を年代ごとで比較すると、「不安を感じる/どちらかといえば不安を感じる」と回答した人の割合は「40~49歳」のグループで最も高くなっている。
この割合は「20~29歳」のグループ、「30~39歳」のグループ、「50~59歳」のグループでも8割に届きそうなほどの高い割合となっている一方で、「60歳以上」のグループでは「不安を感じない/どちらかといえば不安を感じない」と回答した人の割合が他のグループの2倍以上という結果になった。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
SBIいきいき少額短期保険株式会社のプレスリリース
https://www.i-sedai.com/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBIいきいき少額短期保険
(記事提供:スーパー・アカデミー)