チューリッヒ生命、最短で翌営業日に給付金の支払いが可能に

Web請求システムの提供を開始

チューリッヒ生命保険株式会社(以下、チューリッヒ生命)は2021年11月17日より、最短で翌営業日に給付金の支払いが可能とWeb請求システムの提供を開始した。
これは、株式会社アイリックコーポレーション(以下、アイリックコーポレーション)、株式会社アシスト(以下、アシスト)および株式会社Ubicomホールディングス(以下、ユビコム)が、メディケア生命およびチューリッヒ生命の支援の下で共同開発した、「生命保険給付金支払いプラットフォーム」によるもの。

診療明細書をスマホからアップロード

今回導入されたシステムでは、2回目移行の抗がん剤・ホルモン剤治療給付金等の請求について、医療機関で発行される診療明細書をスマートフォンからアップロードするだけで完了し、給付金を受け取ることができるとのこと。
手続きには、まずチューリッヒ生命のHPよりWeb請求を行う。診療明細書アップロード用のURLを記載したSMSが送付されるので、そのURLから画像をアップロードすると支払い審査が行われる。
AIによる書類読み取り機能と、事前に設定されたルールに従って判定する支払い判定機能を導入することが、最短で翌営業日には給付金の支払いが可能になるとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
チューリッヒ生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.zurichlife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:チューリッヒ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)