損保ジャパンら、AIが保険金支払可否を判断するシステム開発へ 

2022年度の導入目指す

損保ジャパンは11月30日、保険金支払の迅速化に向け、AIが保険金支払可否を判断するシステムを、SOMPOリスクマネジメント(以下、SOMPOリスク)、Automagi社と共同開発し、2022年度の導入を目指すと発表した。
保険金支払可否を判断するAIはAutomagi社が開発し、SOMPOリスクは保険実務の専門用語とAIを融合させるプロジェクトコーディネーションを行う。AIが支払可否を判断するシステムの開発は国内初という。

事故受付から請求手続きまで、いつでもシームレスに

損保ジャパンでは以前より、LINEアプリのチャットボットが保険金請求手続きをナビゲートする「SOMPOらくらくスマート請求」を提供している。
だが、支払可否の判断は、事故受付後に保険金支払担当者が行っているため、保険金支払可否をAIが自動判定するシステムを開発することとした。
今回のシステムでは、AIが、事故受付の際に入力された事故状況やケガの内容を読み取り、保険約款に照らし合わせて保険金支払可否を判定する。顧客の入力内容をAIが判断できない場合は、AIが事故状況を問い返すという。
同システムの導入により顧客は、24時間365日、事故受付から請求手続きまでをシームレスに行うことができるようになり、請求に問題がない場合は最短30分で手続き完了となる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損保ジャパン ニュースリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/20211130_1.pdf?la=ja-JP
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)