住友生命、給付金請求手続きのデジタル化を開始

オンライン上で給付金請求手続きができる

住友生命保険相互会社(以下、住友生命)は2022年1月6日、AI-OCR(人工知能を搭載した光学文字認識システム)を活用した、給付金請求手続きのデジタル化を開始したと発表した。
これは住友生命が、スミセイダイレクトサービスを利用する顧客を対象として提供するサービスで、パソコンやスマートフォンなどからインターネットを使い、給付金請求手続きが行えるというもの。

診療明細書の画像データから情報を読み取る

同サービスを利用すると、住友生命ホームページのお客さま専用ページにアクセスし、医療機関から発行される診療明細書の撮影やアップロードを行うことで、給付金の請求手続きをオンラインで完結することができる。
AI-OCRが撮影された診療明細書から入院期間や手術名等の必要な情報を読み取り、その場で請求可否を判定する上、読み取った情報を顧客のパソコンやスマートフォン等に自動反映する昨日も搭載しており、請求手続きに必要な情報入力の手間を軽減する。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
住友生命保険相互会社のプレスリリース
https://www.sumitomolife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:住友生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)