メットライフ生命、法人向け介護定期保険「ブライトビジョン」発売

経営者・従業員の未来のために

メットライフ生命保険株式会社(以下、メットライフ生命)は2022年2月2日、法人の顧客向けの介護定期保険、「ブライトビジョン」を発売する。
これは、災害保障期間設定型の介護定期保険で、死亡や介護を保障するもの。経営者に万が一の事態が起こった場合や勇退時の備えとして、あるいは従業員に対する福利厚生への活用を見据えている。

経営者の万が一の場合や介護のリスクに備える

日本では超高齢社会が進行しており、経営者の高齢化も同様となっている。これにより、経営者に万が一の事態が起こったり、要介護状態になったりすれば、安定した会社の運営に大きな影響を与える可能性が考えられる。
このような状況を受け、メットライフ生命は経営者のもしものときに事業補償資金対策として活用することができる保障を提供するに至った。
また同商品では、解約返戻金を抑制しないプランと保険期間を通じて解約返戻金が抑制されている低解約返戻金特則を付加したプランが用意されている。低解約返戻金特則付プランは、従業員の「弔慰金・死亡退職金制度」の運営などへの活用を通じて、福利厚生の充実を図ることができるとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
メットライフ生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.metlife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:メットライフ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)