アニコム損保、「人気犬種ランキング2022」発表

人気ナンバーワンは、13年連続であの犬種

アニコム損害保険株式会社(以下、アニコム損保)は2022年1月19日、「人気犬種ランキング2022」を発表した。
これは、2021年1月1日から同年12月31日の間にアニコム損保のペット保険に新規契約した、0歳の犬12万5711頭の犬種を集計したもの。アニコム損保は2008年から毎年同様のランキングを発表している。
これによると、ランキング1位に輝いたのは「トイ・プードル」で、今回で13連覇を達成した。

トップ10の顔ぶれは変わらず

2位の「チワワ」、3位の「MIX犬(体重10kg未満)」、4位の「柴(豆柴含む)」までは昨年と同じであり、5位には昨年度6位だった「ミニチュア・ダックスフンド」が、6位には昨年5位だった「ポメラニアン」がランクインした。
また7位から10位についても昨年と同じ結果でトップ10にランクインした犬種に変化がなかった。
さらに、トップ10にランクインした犬種のうち、中型犬は柴犬とフレンチ・ブルドッグのみで、ほかは全て小型犬であり、小型犬人気が続いていることが分かる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アニコム損害保険株式会社のプレスリリース
https://www.anicom-sompo.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アニコム損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)