大同生命、2021年度寄付による大学等でのオープン講座実施

中小企業経営者のために
大同生命保険株式会社は1月21日、2021年度の寄付による大学等でのオープン講座を実施すると発表した。
これは同社が創業100年を迎えた2002年より継続実施しているもので、中小企業経営者を対象に経営やビジネスに関わる知識やスキルの習得場として提供されている。
オープン講座は企業経営に資する理論や実践を織り交ぜ、都度テーマや講師陣を設定しており、これまでの19年間で累計15400人以上の人が受講している。
次回は「人を大切にする経営学会」の講座となり、2022年2月17日の17:30から19:30までを予定している。「人を大切にする経営学会」の講座は4回目となり、今回のテーマは「中小企業の人財育成と心のありかた」となる。
人をしあわせに
大同生命保険株式会社が実施している大学等でのオープン講座は、受講料無料の講座である。
コロナ禍を鑑み実施はZOOMでのライブ配信となり、事前に申し込みを行うことで視聴用のURLが送付される。
今回の講座では、コロナ禍という厳しい事業環境の中で経営者がどのような人財育成を行うべきか、どのような心のありかたで経営を行うのが望ましいかについて語る内容となっている。
講師にはビューティアトリエグループ総美有限会社の代表取締役である郡司成江氏と株式会社マコセエージェンシーの中尾美佳氏を迎える予定であり、実務者視点の経験談を通じて人をしあわせにする経営を学んでもらう。
同社では企業の事業革新を行う一助となることを狙いとしているため、企業経営に携わる多くの人の積極的な参加を待っているとのこと。
(画像は大同生命保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
大同生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.daido-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)