損保ジャパン、ESGセミナーを開催

グリーンビジネスの動向など
損害保険ジャパン株式会社は2月4日、第1回SOMPO「ESGセミナー」を開催すると発表した。
ESGとは経済・社会・環境を意味し、持続可能な世界の実現のために企業の長期的成長に重要なポイントを指す。
同社は日本版スチュワードシップ・コードに基づいた対話等を強化しており、その一環として2021年11月に投資先企業に対してESG/サステナビリティの取り組みに関する調査を実施した。
同社が開催するセミナーでは、その調査結果の公表および吉高まり氏による講演を予定している。
講演は「グリーンビジネスの到来~環境をよくして稼ぐ」をテーマにESG投資やSDGsビジネスの動向、グリーンビジネスのねらい目などが語られる予定である。
企業に求められること
損害保険ジャパン株式会社が開催するESGセミナーは2022年2月28日にオンラインにて開催予定である。
参加費は無料で、参加にはオンラインツール「Cisco WEBEX」が利用できる環境と事前の申し込みが必要となる。申し込みは2022年2月21日まで受け付けている。
吉高まり氏による講演のあとは同社を含むSOMPOグループのESGエンゲージメントに関する取り組み発表の時間が設けられており、投資先企業へ実施したESG調査票の集約結果やESG/スチュワードシップ活動の紹介を予定している。
また、今後企業に対して期待されることなどの紹介もあり、同社ではこのセミナーを通じて顧客へ最新のESG/サステナビリティ情報を提供し、中長期的な企業価値向上および持続的成長に貢献していきたいとのこと。
(画像は損害保険ジャパン株式会社ホームページより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン株式会社ニュースリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)