損保ジャパンら、視覚に障がいのある人向けの移動サポートの実証実験を実施

横須賀市で2月21日に実施

損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)は、全日本空輸株式会社、横須賀市、株式会社プライムアシスタンス、株式会社 Ashirase、ANAウィングフェローズ・ヴイ王子株式会社とともに、横須賀市で視覚に障がいがある人向けの移動サービスの実証実験を2月21日に行うと発表した。

誰もが移動をあきらめない世界の実現を目指す

今回の実証実験は、誰もが移動をあきらめない世界の実現を目指す「Universal MaaS」の取り組みとして実施されるもので、地図に代わる新たなナビゲーションサービスの社会実装に向けて、横須賀市で実証実験が行われる。
実証実験では「Universal MaaS」の取り組みとして、2021年9月に開発された車いすユーザー向けの「バリアフリー地図/ナビ」を改良し、視覚に障がいがある人向けでも使いやすい、地図に代わる新たなナビゲーションサービス構築を目指す。
実施概要としては、事前に選定されたモニターにナビゲーションサービスを利用して移動してもらい、課題抽出と有用性の確認をするとともに「バリアフリー地図/ナビ」機能と「アイコサポート」「あしらせ」の連動・連携を確認するとのことだ。
損保ジャパンは今回の実証実験に共同開発パートナーとして参加し、実証実験のリスクアセスメント、安心・安全な自律的移動を支援する保険・サービスの検討を行うとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損保ジャパン プレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/-/media/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)