アフラック、令和3年度がん対策推進企業表彰にて「厚生労働大臣表彰 最優秀賞」受賞

仕事と治療の両立支援などを評価

アフラックは3月4日、厚生労働省が推進する国家プロジェクト「がん対策推進企業アクション」の令和3年度がん対策推進企業表彰にて「厚生労働大臣表彰 最優秀賞」を受賞したと発表した。
「がん対策推進企業アクション」は、がん大国とも言える日本の職域におけるがん検診受診率向上を企業連携で推進しようとするもので、現在、約3,500の企業・団体が推進パートナーとして登録されている。
また「がん対策推進企業アクション」では、がん対策に積極的に取り組む企業をがん対策推進企業表彰制度にて表彰。同社は令和3年度の「厚生労働大臣表彰 最優秀賞」を受賞した。

「がん・傷病 就労支援プログラム」を整備

同社は、2009年に「がん対策推進企業アクション」が発足した当初から推進パートナーとして登録。社員へのがん検診推進などを行った結果、高い「がん検診受診率」を維持している。
また2018年には、がんや病気にかかっても安心して自分らしく働けるよう「相談(ピアサポート)」「両立」「予防」を柱とする「がん・傷病 就労支援プログラム」を整備。仕事と治療を両立できる職場環境作りや、がん経験社員によるコミュニティ「All Ribbons」の活動を展開している。
今回の「厚生労働大臣表彰 最優秀賞」受賞は、このような取り組みが高く評価されたものとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アフラック ニュースリリース
https://www.aflac.co.jp/news_pdf/20220304.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アフラック
(記事提供:スーパー・アカデミー)