住友生命、業界初「熱中症お見舞い金保険」を開発

PayPayほけん専用商品として提供開始

住友生命保険相互会社(以下、住友生命)は2022年4月21日より、アイアル少額短期保険株式会社(以下、アイアル少短)、Zホールディングス株式会社、Zフィナンシャル株式会社、PayPay株式会社(以下、PayPay)PayPay保険サービス株式会社と、「熱中症お見舞い金」の提供を開始した。
これは、キャッシュレス決済サービス「PayPay」アプリ内の「PayPayほけん」専用商品として提供されるもの。

申し込みも保険金請求もPayPayアプリから

今回提供が開始された「熱中症お見舞い金保険」は、PayPayアプリ内のPayPayほけんから簡単に申し込みできる保険商品。多くの人にとってスマートフォンが生活必需品となり、決済などへの利用も広がっていることを受け開発された。熱中症に特化した保険商品は業界初となる。
同商品は、1日100円から申し込むことができ、当日午前9時までの申し込みで午前10時から保障が開始されるなど、使い勝手の良さが特徴になっている。
申し込みはもちろん、保険金の請求もPayPayアプリから完了し、最短で請求当日にお見舞い金を受け取ることができる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
住友生命保険相互会社、アイアル少額短期保険株式会社のプレスリリース
https://www.sumitomolife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:住友生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)