日本損保協会、気候変動勉強会を開催

3回目の取り組み
一般社団法人日本損害保険協会は5月13日、第3回気候変動勉強会を開催したと発表した。
これは2021年7月に策定した気候変動対応方針に沿ったカーボンニュートラル実現のための取り組みで、今回で3回目となる。
勉強会は千代田区の損保会館で行われ、カーボンニュートラルのために業界が一丸となってさまざまな取り組みを行っているなか、会員各社による気候変動関連情報の開示を推進・支援するために企画されたものである。
2021年7月に行われた第1回では気候変動に関する基礎知識についてを、2022年2月に行われた第2回では損害保険会社の経営管理の観点から気候変動対応を企画・実行していく重要性についてを学んでいる。
3回目となる今回の勉強会では、これらを踏まえて会員各社の気候変動対応の方向性、意義、狙いを対外的にどう発信・説明していくかについてをパネルディスカッション方式で行った。
活発な意見交換も
一般社団法人日本損害保険協会が実施した気候変動勉強会では、まず三井住友海上火災保険株式会社の河﨑経営企画部部長より気候変動情報の開示を取り巻く最新動向について説明があった。
次いで取り組みが先行する会員会社の実務担当者から気候関連財務情報開示タスクフォースに対応したシナリオ分析や非上場企業における開示の事例について紹介があり、質疑応答に続いた。
質疑応答ではそれぞれの会社における事情を踏まえた質問が多数寄せられ、活発に意見交換が行われた。
同法人では、今後も会員会社の要望や国際社会の取り組みを踏まえ、気候変動への細やかな対応を推進していきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
一般社団法人日本損害保険協会ニュースリリース
https://www.sonpo.or.jp/news/notice/2022/2205_01.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)